mixjamについて

mixjamとは、1997年11月よりスタートした知的障害を持つ仲間たちのダンスチーム、及びダンス・エンターテイメントスクールです。

今では身近な「ヒップホップ」※1という音楽のリズムに合わせてダンスをするのですが、自然と合わせやすい16ビートのリズムを使い、からだ全体をコントロールすることにチャレンジしていきます。一人ひとりの障害に対して理解を深め、目標に向けたカリキュラムを作成。そして「生徒が主体のダンスチーム(mixjamのコンセプト)」として、チームに必要な思いやりの心や努力する心を育てていきます。

皆様にご理解頂き、現在は愛知県内4箇所のスクールを設けることができました。

また全国・様々なステージでダンスを披露する機会※2もあります。

心ふるえるような感動的な瞬間をともに過ごしましょう!

※1)もともと刻んでいる『身体のリズム』に合うと相性が良い『ヒップホップのリズム(16ビート)』。 ※2)客演参加はもちろん、独自でも「mixjam Dancefestival」「ValueCreation」を開催。

私たちの活動が認められ、日本テレビ系列「24時間TV」やNHK、テレビ朝日などで全国放送された他、中部エリアにおいても、東海テレビ、CBC、中京テレビといったメディアにも多く紹介されています。

mixjamの考え方

mixjamの考え方として大きく分けると3つの理念があります。

まずは知的障害を持つ本人に「障害という肩書きにとらわれず、努力することの大切さを覚えてもらいたい」ということ。そのためのスクールであり、そのためのチームであり、少しずつでも出来なかったことが出来るようになっていく喜びを体感するためのカリキュラムがあります。

もうひとつは「人は夢や好きになれるものがあれば、苦難や辛さを乗り越えることが出来る」ということ。目標を持ち、達成することで自信を持てるようになります。自分を信じる気持ちが苦難や辛さを乗り越える、そんな勇気の源になる。私たちはダンスを通じて、夢中になれることを見つけるための手伝いができたらと考えています。もちろん主役はスクール生本人です。

そして最後は健常者に伝えていきたいこととして「明日は我が身になるかもしれない」ということ。障害者と呼ばれる存在を知ってほしい、受け入れてほしいと思います。人生は何が起こるかわかりません。本当にそう思います。

上記した3つの理念を集約したプログラムが"努力に対する感動の場(ステージ)=発表会"です。


最初からは上手くいかないかもしれません。

出来なくて悔しい思いをすることも…。それでも再びトレーニングに挑み、やがて乗り越えていけるようになるための大きなポイントが、(先生と生徒やチーム同士という)人間関係を結び、信頼関係を築き上げることだと考えています。

連帯感を持つような状況下においては、少しずつ"思いやり"という感情が芽生えます。

チームに対する責任感から友情や兄弟愛のような親近感(仲間意識)が生まれ、チームとして成長していくこと、そして人間として成長していくことが、mixjamの指針です。

指導について

指導のポイントはmixjamの理念に基づき、まずは信頼関係を築くことにあります。そのためには私たち支援者が、一人ひとりの障害を理解することが重要です。
ここで言う理解とは「心をつなぐ」ことであり、心を理解することになります。
もうひとつのポイントが、仲間意識を持たせることです。
「みんな一緒なんだよ」という連帯責任を感じることで、自我に対して思いやりや仲間意識が生まれます。
つまりガイダンスは"目的(発表会など)を目指して試練(トレーニング)を行うこと"です。

3つのポイント

信頼関係を築く

心と心の付き合いができるような、痛みが分かち合えるような関係を結ぶことは、指導の初歩であり、大きなポイントです。信頼関係を築くことで、たとえ失敗しても「もう一度頑張ろう」と支え合えることができるようになります。そのために、私たちから歩みより理解しようとする努力を惜しみません。



仲間意識を持たせる

チーム内に連帯責任という意識を持たせることも指導の大きなポイントです。人は色々なタイプ(性質)を持っています。お兄ちゃん・お姉ちゃんタイプ、弟・妹タイプ、目立ちたがりタイプに、消極的なタイプと、本当に十人十色です。そんな様々なタイプが交じり合うことで、思いやりや仲間意識をはじめ、様々な思いが芽生え、向上心に繋がっていきます。



試練を行う目的がある

3つ目のポイントは、努力をする環境づくり。それはクリアするごとにステップアップする苦難(カリキュラム)があり、トレーニングを積む(努力する)ことに対する発表の場、ステージ(喜び)があるからこそ、心が奮い立ち、頑張れるという循環づくり。
与えられるばかりの立場ではなく、感動を与える立場になったときの喜び。
ひとつのステージを完成させたときのパフォーマンスは、言葉で言い表せないくらい嬉しいですし、心に残り続けています



RABCの説明ページへ

夢のちからを引き出す

夢のちからを引き出すための最終ステップ、それがmixjam Dreamfestivalです。
夢の扉を自分たちでこじ開けたメンバ-たちが躍動する場所。
そんなステ-ジ演出に心がけ用意してきたのがmixjam Dreamfestivalです。※LIVE映像参照
そしてメンタルやバフォ-マンスが向上し、多くのBIGステージにもゲスト出演させていただいています※活動歴別ページ(表)参照

観る者に勇気と感動を与えるステ-ジ。ぜひ一度ライブでご覧頂けたらと思います。

活動の一例

全国大会

mixjamDreamfestival、ValueCleationに続いて、WELFARE DANCE CLASSICを開催。ValueCleationと二部構成からなる全国知的障がい児・者ダンス選手権をスタートさせました。
第1回の開催時は全国から10チームが参加して盛大に行われ、第2回より審査員による審査も開始。
最優秀賞は2・3回と続いてmixjamが受賞しています。

義援金活動

東日本大震災被災地への義援金活動を2012年からWDC開催時に行い、集まった義援金で被災地のチャレンジドダンサーサークルを2大会連続で、WDCに選手・保護者を招待しています。




毎日の練習の成果が地域に認められ、2000年日本テレビ系列24時間テレビ23への出演が決定。
写真はこの年の番組パ-ソナリティ-だったV6と武道館で共演したときのものです。
当時の練習会場だったくるみ会スタジオへもV6のメンバ-が何度も足を運んでくれて、30分のドキュメンタリ-として番組内で放送されました。

JAM-WORLDが主催するDreamfestivalではパラリンピックに日本代表として出場した選手をイベントにお迎えしト-クショウを開催。
障害を乗り越えてがんばる姿をダンス以外でも紹介し、会場にお越しくださる方々の心を揺さぶっています。
写真は2009年に開催したValuecreation vol.2に車椅子バスケ日本代表の宮島くんと野沢くんをお迎えしたときのものです。
この模様は中京テレビニュ-スリアルタイムで特集として取り上げられました。





横浜・キャプテン翼スタジアムで開催されたサッカ-の啓発イベントへゲストとして招待され、ブラインドサッカ-、車椅子サッカ-、身障者サッカ-、知的障害サッカ-など、それぞれの障害を抱えながらもサッカ-に勤しむ方々の前でダンスを披露してきました。
写真はこの大会の実行委員長だった日本代表ゴ-ルキ-パ-の川島選手を囲んでの一枚です。
この模様は中京テレビ24時間テレビ33に出演した際のドキュメント内でも取り上げられました。

JAM-WORLDが主催するBIG EVENT Valuecreation。
2010年のValuecreation vol.3では東海地区を中心に活躍するア-ティストとの共演が実現しました。
またLIVE EVENTとしてAGAIN&AGAINを開催し、出演する全ア-ティストのバックダンサ-を務めることも実現しています。
写真はvol.3でカルテットと共演したシ-ンです。






mixjam活動実績へ



利用者の内訳

team mix jamのメンバーは、本店所在地の西尾市を中心に、広く愛知エリアから集まって構成されています。※現在の内訳は下記(表)参照

西尾市
名古屋市
安城市
半田市
春日井市
31
17
10
4
1
日進市
尾張旭市
清洲市
大府市
瀬戸市
2
2
1
2
1
知多市
東海市
岡崎市
蒲郡市
碧南市
1
1
1
2
2
刈谷市
知多郡
額田郡
施設入居者
1
2
1
3

メンバ-の男女の比率及び年齢別比率

男女比率は概ね6:4の割合です。年代は10代がもっとも多く、20代~40代まで幅広い層の方がいらっしゃいます。※現在の内訳は下記(表)参照


参加メンバ-の障害履歴

team mix jamは知的障害を抱えた方の健康づくりに、ダンスレッスンを取り入れています。※現在参加しているメンバーの障害履歴は下記(表)参照